書評

書評・勉強になる本紹介

【書評】悪文とは何かを考える

文章でお金を稼ぐと覚悟を決めた時、ふと気になりました。「私が書いた文章は、私が伝えたい内容の通りに伝わっているのだろうか?」 日本語はとても自由です。「、」の位置が違うだけで意味が大きく変わったり、助詞が違うだけで内容が伝わらなくな...
書評・勉強になる本紹介

【書評】ひとつずつ丁寧に読んでいく

文章力を高めたい。 そう考えた時、「校正」という仕事が気になりました。校正・校閲は言葉の使用方法、事実確認、書籍の体裁など、ひとつずつ丁寧にチェックする作業。校正者は作者や編集が見落としていた違和感を拾い上げることを生業にしています...
書評・勉強になる本紹介

【書評】文章術のポイントが一目でわかる

巷には様々な文章術の本が溢れています。その中から「これだ」と思う本を探すのは至難の業。できれば一冊で全体を網羅できる本が欲しい……。 そんな悩みを解決してくれる本が『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』...
書評・勉強になる本紹介

【書評】読者に期待される出版社とは

出版社の立ち上げを考えたことがあります。ただ、私の性格上、大規模な出版社を一人で回していくのは性に合わない。ならば、どのような出版社が自分の理想に近いのか。 悩みながら書棚を彷徨っていた時、西山雅子さんが編集された『“ひとり出版社”...
書評・勉強になる本紹介

【書評】生の声を知る

戦中戦後を題材にして小説を書くのはとてもハードルが高い、と私は感じています。なぜか。さまざまな政治的意見があるからです。 戦争を題材にすることを避けている気がします。それは文学であれ映像であれ、何であれ。表現すれば「それは自分の主義...
書評・勉強になる本紹介

【書評】父性が欠けている

日本人の心はどのような構造をしているのだろうか。 小説を書く上で考えることは、上記の内容です。 日本国内で大ヒットする映画と、海外で大ヒットする映画。国内で大勢の人に読まれる小説と、海外で好まれる小説。日本で人気のある漫画と、...
書評・勉強になる本紹介

【書評】古典に触れる価値

どうして古典の勉強をしなくてはならないのか? つい先日、とある国会議員から「三角関数よりも金融教育をすべき」といった趣旨の発言がありました。理由は「三角関数は日常生活で使用しないから」というもの。確かに、私は社会人になってから三角関...
書評・古典を読む

【書評】「花」という美を追求する

幼い頃に物書きを志して、いろいろな本を手に取ってきました。小説、エッセイ、ビジネス書、実用書、インタビュー、ドキュメンタリー。どの本にも気づきや学びがあり、読書は楽しいものだと心躍ります。 でも、手を出そうとして出せていないものがあ...
書評・勉強になる本紹介

【書評】横書きで読まれる文章を書く

私は現在、ブログ運営をしています。(今読んでいただいている記事を掲載しているブログですね) 私は文章を読むことに苦痛を感じたり、苦手意識があったりしません。ぎっちり詰められた文章に抵抗はないですし、長文だから読むのをやめるなんて選択...
書評・勉強になる本紹介

【書評】伝わる言葉の難しさ

小説を好き勝手に書いている私ですが、いつも悩むことがあります。それは「自分が書いた文章の意図はきちんと相手に伝わっているのだろうか?」ということです。 文章の悩みを調べてみると、同じような不安を抱えている人が世の中には大勢います。「...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました