書評・勉強になる本紹介

書評・勉強になる本紹介

【書評】古典に触れる価値

どうして古典の勉強をしなくてはならないのか? つい先日、とある国会議員から「三角関数よりも金融教育をすべき」といった趣旨の発言がありました。理由は「三角関数は日常生活で使用しないから」というもの。確かに、私は社会人になってから三角関...
書評・勉強になる本紹介

【書評】横書きで読まれる文章を書く

私は現在、ブログ運営をしています。(今読んでいただいている記事を掲載しているブログですね) 私は文章を読むことに苦痛を感じたり、苦手意識があったりしません。ぎっちり詰められた文章に抵抗はないですし、長文だから読むのをやめるなんて選択...
書評・勉強になる本紹介

【書評】伝わる言葉の難しさ

小説を好き勝手に書いている私ですが、いつも悩むことがあります。それは「自分が書いた文章の意図はきちんと相手に伝わっているのだろうか?」ということです。 文章の悩みを調べてみると、同じような不安を抱えている人が世の中には大勢います。「...
書評・勉強になる本紹介

【書評】私たちが失ったもの

前回、河合隼雄さんの講演内容を編集した本『カウンセリングを語る(上)』の書評を書きました。上巻を手に取ったのなら下巻も読みたくなるのが本好きの性。なので今回は『カウンセリングを語る(下)』をご紹介します。*『カウンセリングを語る(上)』の...
書評・勉強になる本紹介

【書評】物を書いて生きるために

物を書いて生計を立てたい──この願いを抱き続けている私ですが、実際生計を立てていらっしゃる方はどのような生活をしているのでしょうか? 文章を綴ることが仕事なので、自宅で仕事を行うことがメインなのでしょうか?お金はどのくらい稼げるので...
書評・勉強になる本紹介

【書評】「心」と向き合うには

私は幼い頃から物書きを目指しています。文章を紡いで誰かに自分の気持ちや意図を伝える。繊細な作業で苦労は多いですが、やり甲斐のある素敵な仕事だと思います。 物書きとして忘れてはならない重要な項目があると考えている事があります。それは、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました